Translate

20130130

無題

暫くの間ここは休みます。

店は休まずいつも通り

平日19時~4時頃まで
日曜祝日 17時~2時頃まで営業しています。

不定休日はこちらでご確認ください。


これからは、より一層、SNS及びインターネットに依存しない生活をしていきたいと思います。


店主敬白


20130129

デフレとメシ

「デフレモーニン」
先日飲んだ帰り道のこと、
酔った俺の目に飛び込んできた「松屋」の物凄い混み合い様!
近年こんなに松屋モーニンが人気なのだなぁ・・
与野党が入れ替わり、お安い米牛肉の輸入が増えるみたいやしなあ、
そのうち松屋が「Beef Sirloin Tongues」たる球団を持つかもしれませんなあ・・・。

「デフレランチ」
ふぐ屋が目に付くにも関わらず、神田駅界隈のランチは安い。昔から安いのかな?
カキフライ定500円、もやしひき肉炒め定(チャーハン・ラーメン付き)500円などなど・・
思わず昼から飲んでしまう神田、サラリーマンの聖地也。

「デフレディナー」
夕方出勤前、要町のA中国料理店。
「昼の弁当250円」とあった。
最初何のことやら解らなかったが、昼どこかで売って残った弁当を割安で提供しているのだと理解する。「処女と童貞のネコマンマ」ここにあり?。

ところで、

バレル近所の「飲み物」とかいうカレー屋は並んでいますか?食いましたか?
無名店であるにも関わらず開店当初から並ぶというのはどう考えてもおかしい。あんたおかしいと思わない?

要町の「福」とか言う名のから揚げ店もそうだったが、から揚げやカレーに並ぶか普通?
美味しいあそこの惣菜屋や本格インドカレー屋は並ばなくても済むというのに、
全く理解に苦しむが、それでも人はその店に並ぶのだろう。
ヘルスやパチンコ屋に並ぶ人の方がよっぽど常識人だと俺は思っている。

最後に、

「ニギリメシを握る」時間は
無駄をなくせば十二分にあるはずである

さあスマートフォンを捨てて、ここのリンクを外しなはれ!
少し前は、インターネットなんか無かっんだからな。
そして自宅で誰かの為に、自分の為に、ニギリメシを・・ 
いや、
「カレーを作ろうではないか!ははは!」



<追記>

コンビニやらのフランチャイズという名の無自己主張、猿真似軍団の企画担当の方、
「恵方巻き」や「バレンタインチョコ」よりも、この際、
デフレーションという名のケーキを売ってみてはどうだろうか?
もし、もう企画中だったら、
「恐れ入りました」。

20130128

インド・ハマール⑤

チャパティーこねて

チキン煮込んで


骨付きチキン・スパイス煮込み出来上がり

その後、チャパティーを焼きまして、チキンもろともあっという間に食べてしまい、
画像を撮り忘れてしまいましたとさ。

鶏は小さすぎると小骨が気になる為、
次回はもっと骨太チキンでTRYすることにします。

あたしゃ、面倒くさがり屋で骨ごとバリバリ食べましたよ、えへへ。

20130124

インド・ハマール④

さて問題です、

飴色になるまでじっくりと炒めたオニオン・・


そして、

ヨーグルトとソルト&スパイスを混ぜ絡めた骨付きチキン


1日寝かせまして、

本日アレを仕込む予定です。

正解はアレーです!

えへへへ???・・・・。


20130122

島野菜Deドーンといってみよう

「大谷渡」とは人名ならず、オオタニワタリというシダの仲間也。
塩ゆでした後バターで炒めていたら何故かPIZZA風になってしまった!
アロエみたいだけれど癖はなくシャキッと旨いんだわこれ。

宮古島では「パルダマ」と呼ぶ。
こちらでは水前寺菜、金時草とも呼ぶらしい。
茎の部分が若干ドクダミ臭いが葉は独特の食感があり旨い。
梅酢を入れたオヒタシはちょいとお洒落。

お馴染み「島らっきょ」。
スパイスを入れたヒヨコ豆の粉を使用し天ぷらに。
これが旨いの一言

「島らっきょう」のミドリのとこ、捨ててはだめよあなた。
わたしゃ迷わず「島らっきょうのぬた」にしました。
自家製柚子味噌を辛子入れた古酒で溶き和えましたら・・
泡盛にぴったんこな一品に。あー青い海が見える。

20130119

インド・ハマール③



インドでマトンというとヤギを指すそうな。

インドのヤギはジャムナバリ種だそうな。

こんなヤギですわ

そんなヤギの足(骨付き肉)のマトンカレーに初挑戦してみた。
スパイスをリッチに使用した本格派マトンカレー・・・
仕込みに1時間、煮込みに2時間・・・

その間にロビヤ豆とセロリのカレーも仕込み・・・
ご飯も炊き上がった頃に・・・
出来上がった!

うまいうまいうまいうまい!!!!
う・ま・い!

こんなヤギってうまかったんか、と驚き、
大げさかもしれんが、
「そんさん人生ソンしたかもしらんなあ・・」
とか、
「ヤギ飼おうかな・・」
とか、
思いましたとさ。

ヨーグルトにスパイスを入れたライタはそのまま食ってもいいが半分残し、
ロビヤ豆とセロリのカレーも少し食って残し、
マトンの骨を取り除き肉を食べたあとは・・・
迷わずぐっちゃぐっちゃに手で混ぜるのがインド式?

「手で食った、手で食った、手で食った、食ってみたよ」
初めて手で食ったら、これまたうまかったんだよ。


このような乱文を、
せめて画像で許していただきたい・・

こちらとてもおいしくいただきましたと。








20130117

インド・ハマール②

アタ、ギー、カスリメティ、チャートマサラ、テージパッタ、チャナ豆、ロビヤ豆、ヤギ骨付き肉、

などなど隣のネパールショップにて購入。

よっしゃ、

やったるで・・・。







20130116

インド・ハマール①

画像は「羊の胃袋カレー」と「さつま芋クミンご飯」

どうや!うまいか!

うまいぞ、ざまあみろ。


20130111

続ガラムマサラ

先日仕込んだガラムマサラ

メティ(フェヌグリークシード)、マスタードシード、ターメリック、レッドペッパー、ジンジャー、

そして、塩をブレンドしまして、

チキンパコラ用スパイスチキンを仕込みました!



これを水溶きひよこ豆粉に漬けてオイルでカラッと揚げれば

なんとも~

香り豊かな~

バレル風チキンパコラの出来上がりです。


現物はお店でお見せします。


以上

<追記>
ベトナム風牛肉入り汁ビーフン
サーモン昆布〆
などなど新発売中!

20130109

ガラムマサラ

用語については以下WIKI参照
ガラムマサラ

ガラムマサラ=暖かい手作りの香辛料

という意味になるのか・・
「ミックススパイス」いえばそれで済むが
万能香辛料、万能調味料、その一つがガラムマサラと言えよう。

日本の家庭料理においては、殆どと言っていいほど香辛料を使わないので、南アジアにおける「ガラムマサラ」の有り難みについては俺自身もそこまでよくは解らない。
まあ無理やりこじつけさせていただくとすれば、日本で言うところのおふくろの味「味噌」のようなものだろうか。

とまあ、南アジアのおふくろの味「ガラムマサラ」に挑戦してみた。

材料は色々調べて自分好みの基本レシピを参考にした。

クミン、コリアンダー、ベイリーフ、グリーンカルダモン、ビッグカルダモン、シナモン、フェンネル、ブラックペッパー、クローブ、メース、
以上10種類をソテーパンで程よく温め、冷ましてから粉砕した。

香りがバンギャーとか市販のものとは全く違う。

柑橘系のような爽やかな香りに混じってどこか土くさいというか・・
カブト虫を飼育していた時のあれに似た匂いがする。
これを手作りし香りを何度も嗅いでいると、
バンギャーのガランマサラとか市販のそれらは、いわゆるカレー粉の匂いであり、全く子供ダマシというか東アジアダマシな香りと味であることが良くわかるようになってくる。

バーモントやらジャワやらココイチはちょっと置いといて、

南アジアにおけるスパイスという「おふくろの味」、
最近、これがねぇ、

ワシの胃袋を「鷲づかみ」にして離さないのであった。

あー腹減った、、、、つづく。




20130107

もっとゴミ二ケーションを

最近、忘れ物が増えている。

傘、季節柄マフラー、帽子などの忘れ物がよくあるが、

忘れ物、堂々の第1位はペットボトルである。
特にLIVEの日に多いこのペットボトルの置き忘れ、そろそろ我慢の限界である。

その店とは関係のない持ち込みペットボトルをゴミとして置いていく・・・
これ、心あたりのある人はすぐやめてほしいし、その現場を目にした際はペットボトルを持ち帰るよう促して欲しい。(酒類に関しては言語道断である!)

飲み屋の店主として、ゴミ出しマナー、「ゴミ二ケーション」の改善及びより一層の向上を心より願う。

以上


20130103

そんれしぴ#130103「行く年来る年粥」

毎度どうも。

年越しから新年、平成25年度の行く年来る年はいかがでしたか?

バレルハウスはガツン!と骨太ROCK’N ROLLで新年を迎え・・・
元旦はその反動か、数年ぶりに熱を出し、そして数年ぶりにづーっと寝てました。
てな訳で、現在はすっかり復調しています。

そんなことはさて置き、

美味しい年越し蕎麦を茹でた際の「蕎麦湯」
皆さんはどうしてますか?
利用していますか?それとも捨てていますか?

わたしゃぁ、捨てませんとも、捨てるわけがございません。
あらゆる料理に使います・・
とか言うてそりゃあ半分以上ウソです。
もっぱら、焼酎の蕎麦湯割りを楽しみます。

さて、新年1発目のそんれしぴは、
そんな旧年飲み残した「蕎麦湯」と、新年仕込んだ「餃子」でこしらえた、
「行く年来る年粥」
をお届けします。


【つくり方】

圧力鍋に蕎麦湯400~500cc、餃子2個、余った餃子の皮数枚、ご飯170~200g
以上を入れ3分程加圧し火を止めピンが下がったら、餃子をお玉などで微塵にしながら混ぜれば出来上がり。
コショウ、ネギ、白胡麻などをトッピングするとなお良し、
はい「行く年来る年粥」の完成です。


【余計な補足】

このお粥、バレルハウスのぬか漬けが大変よくアイマス。

20130102

謹賀新年

今日から営業します。

多分、朝まではやりませんけれど・・。


しかし、体温計は水銀に限ると今更ながら思う。

何故なら、あの電子体温計のいい加減さ!

全然正確ではないじゃんじゃん!

しかし、どこの薬局も体温計だけはデジタルで困りますなあ。

当然ながら水銀体温計、どこの薬局にも売っていなかったですわ。


デジタルねえ・・

あの憎き「CDプレイヤー」め。

これが針飛びならぬデジ飛びを度々起こすので困りもの。

高い金出して買ったCDが、その目当ての曲の時にデジ飛びを起こし聞けないCDがある。

「しゃっくりデジ飛び」状態は本当に困るし本当に腹が立つ。

その点レコードは、針飛びを起こしてもへいちゃら、

古女房のように、

「ちょいと、おまえさん、」

てな具合で、やさしくカートリッジを押してやれば、次の溝へと針を進めることができるのだ。

この「デジ飛び」が嫌で嫌で、去年もCDはあまり買っておらず、なるべくレコードを買うようにしている。

なるべくCDに頼らない、アナログな店を目指し、今年も営業していく所存である。

とまあ、今年も池袋バレルハウスを宜しくでーす!



あ、

こないだも書きましたが、今年から夏は本当に冷えませんからね。

以上。