20121030

そん(新)めにゅー

出羽桜純米生酒「一耕」明日開栓予定です。
日本酒好きの方、是非いらっしゃいませ!

金目、スズキの昆布〆あります。

それに・・

ホヤの塩辛もご好評に付き、新しく仕込みました!

それから・・・

イカの塩辛が!いい感じで発酵して参りました!!

こりゃぁ、宴会ですよ!

こりゃぁ、早めの忘年会@バレルですよ!

さあ、さあ、さあ、いらっしゃいませ!



追記:本日30(火)お休みさせていただきます。



20121027

そんよそう(天皇賞・秋)


うーむ・・・

外枠ピンクは全消し
よって好調の秋山カレンブラックヒルは消し
昨年の1着トーセンジョーダン、裂蹄の影響はないというが、やはり外枠で消し

よし、

去年惜敗し2着のダークシャドウ13に◎
ルーラーシップ〇
フェノーメノ▲

13-6-4

明日の天気だよなあ
重だったら多分買いません


アナ党の方は、追悼の意を込めて
セクシャルヴァイオレットにちなみ

1(単賞)

9-8-7(3連単)

はいかがでしょうか?


あーハラ減った。

20121025

そんがぞう その2 +1


手作りニョッキのクリーム煮

週末店員笹木くん賄い中

ブルゴーニュ!ななはち!!

鮭の氷頭(ひず)の軟骨

鮭の頭のスープ

氷頭軟骨の梅酢漬け

なめこんぶ(佃煮)

シメサバ・カツオ・ハマチ(天然)丼

明日はSALTYヒロシさんの登場です!


おわり

20121021

初バロット

バロット (フィリピン語: balut) とは、孵化直前のアヒルを加熱したゆで卵。フィリピン以外にも東南アジアの広い地域で食される。ベトナムではチュンヴィッロン (trứng vịt lộn) やホッヴィッロン (hột vịt lộnホヴィロン) 、中国では毛蛋 (máodàn, マオタン) や死胎蛋 (sǐtāidàn, スータイタン) などと呼ばれる。
(ウィキペディアより抜粋)

フィリピン人のゆみちゃんが帰省した際に土産として買って来てくれたのがこのバロット。
現地では夕方になるとバロット売りがどこからともなく裏通りに現れるそうな。
新婚の新郎は初夜を迎えるにあたり、数個は必ず食べなければならない必須アイテムだそうな。

さて食べ方は、
5分間ボイルし、アツアツを食べるらしい。
そして底の部分にスプーンなどで小さな穴を開け、まずはスープをちゅうちゅう吸出して飲む。
それからいよいよ殻を剥く。
白く硬い部分と黄色っぽい柔らかな部分に分かれていて、塩を振って食べる。
柔らかい部分は「茶碗蒸し」そっくりな味。
白い部分は消しゴムと同じような硬さで・・・
味は何とも言えないチキン風味の魚の目玉といったところか・・・。
これは旨い・・というか、好物だ。5個ぐらい一気に食えそうだ。

バロットは3段階あるらしく、
1つはやや茹で卵に近いもの。
1つは毛もクチバシも確認できるもの。
この土産のバロットはちょうどそれらの中間(最もポピュラー)のものらしい。

ゆみちゃんに次回は毛もクチバシも・・を土産にリクエストした。
今日は誰かさんに食べさせてみようかなあ・・・・。







20121019

KENWOOD KP-990

1986年は我が阪神タイガースが日本一となった翌年である。
この昭和の末期に発売されたアナログレコードプレイヤーの名機として名高い

「KENWOOD KP-990」

先日、この名機をヤフーオークションで発見し入札。
オーディオユニオンなどでは¥2.5000前後で取引されているようだが、
http://www.audiounion-tsuhan.com/ct/detail/sell/54258
何と、競り合う相手もいないまま、格安の¥1.3000で落札することができた。(送料は¥1.400)

無事届いたプレイヤーを確認すると、見た目は上々。
アーム部分にテープのあとがある以外は気になる傷などもない。

早速、バレルのオーディオ担当、「変態ケーブルおやじ」との異名を持つ、加藤氏に連絡をとり、設置と針圧調整などを手伝ってもらった。
このケーブル・カスタマイザー加藤さん、本職は歯科技工士で、かつてあの清志朗氏の歯もカスタマイズした経験があるそうな。

さて、準備完了。(カートリッジはオーディオテクニカ  AT100Eを装着)



「うごいたうごいた、、、まわったまわった、、、、」

よかった、壊れていないようである。

とりあえず「We Want Miles 」を再生・・・

うぇーうぇー・・・

ええ音やん・・(うっとり)


ああ、すいませんです、

ここを見てるだけでは音は伝わりませんよねえ?
すごーくすごーく、ゼンゼン店に来ないアナタタチに、このオトをキカセラレナイのがザンネンですー。

あーハラへった。





20121017

来年は冷えないでしょう(そん予報)

従量電灯C 12.7%
低圧電力   8.0%

上記は東京電力によって平成24年9月1日より実施された、事務所及び店舗などの電気料金の値上げ率である。

独占企業が売っている電気なしでは経営は成り立たず、他の土地で1からやっていく考えも今のところ無い。
なので、やむを得ずこれに従うしかないのだが・・
なるべく安く抑えたい。

冷蔵庫と電灯は仕方ないとして、問題は冬場は使わないエアコンだ。
低圧電力は6馬力のエアコンだけに使用している。

以前もここに書いたが、夏場に空調機が壊れ、去年に引き続き、私にとってはとっても高額(84.000円)な修理代金の請求がきた。大家さんはたった2万円だけ1ヶ月分の家賃から引いてくれた。
地震も経験した18年目の空調機は来年はどうなることやら・・・

当店は冬はガスファンヒーターがあるので夏場はエアコンを使わない。
なので、低圧電力用のブレーカーを落として節電しようかな?(*低圧電力は設定によって基本料金が異なるが、当店の場合、使わなくても約6.000円前後かかっていたと思う)
と考え、空調屋さんに聞いてみた。
空調屋さんが言うには、

「使わない間も室外機の配管をOILが循環しており、室外機は寒い冬場も自らを温め、急な作動にも対応できるように待機している。ブレイカーを落とすとこの動作がなくなり、配管内のOILなどが詰まる原因となる為、致命的な故障を引き起こす可能性が高い」

のだそうな。


先週行われた秋華賞も安いながら3連単を当てた(¥3.660)そんさんは、

終に・・

禁断のブレイカーを落としたのでした。


日々、起こることなんてなぁ、

成るようにしか成らんわい

あーハラ減ったわい。

20121010

SALTYポテトでそんニョッキ

バレルライヴではお馴染み、SALTYヒロシさんから宅急便が届きました。

なんだろうなあ?

箱の中身は・・
日本のチロルこと、長野県は下栗の里より、
なんと、ヒロシさんが自ら掘り起こしたという
泥付きの「じゃがいも」でした。


ちびっこやら、紅いのやら3種類のジャガイモ兄弟たち。
さあ、どうしてやろうかな・・・
とりあえず茹でて、それぞれを塩振っていただきました。
下栗の里の大地の香り・・・ほっこりうまいわいな。

さあなにをつくろうかなあ?

とりあえず何も考えずにマッシュしてしまいました


そうや!ニョッキにしよう!
衝動的にニョッキをつくりはじめました。



じゃがいも潰して、卵と塩と小麦粉を混ぜて



こねてのばして、チョン切って


それを沸騰した湯の中に入れて、浮かんできたらすくって冷水にとれば・・
ひと口サイズのニョッキのできあがりだよーん。



いっ、いっぱいだなああ・・・・

最初は和風で楽しんで


チーズ入りのトマトソースでも楽しみました



どこか共感してしまう、田舎者丸出しで飾らない姿形のジャガイモたち、
みんなで、おいしくたいらげました。
ヒロシさんありがとう!

おわり

20121009

そんがぞう その1

枝豆とキューリの梅酢がけ

背黒イワシの昆布締め
背黒イワシの骨せんべい

イカの赤ちゃんと背黒イワシ

イカの赤ちゃんフライ

背黒イワシは荷造り用のナイロン紐で三枚に下ろす

紛れ込んできたアブラゼミ

ゴマ鯖でしめ鯖

20121007

17周年記念ワイン呑み較べ③


昨夜は豪雨の中の来店ありがとうございました。
ボクはまだ少々興奮気味です。

「世間の評価などとは関係なく、テメーが味わわねばそれは評価はできない」


どんな世界(ジャンル)もそのようです。
ボクは、
高くても不味~いものは知りませんが、
低くても旨~いものが・・

ホンマにありましたわ。

あれだけ呑んで騒いで、あら不思議、
WINEの余韻に包まれながらのさわやかな起床でおます。
二日酔いなし!胃?異常なし!
ただ今、もりもり昼食をかき込みながら更新しています。


さて、17周年企画「ワイン呑み較べ」もいよいよ大詰め!
最終回の第3回目は10月13日(土)に開催します。
以下最終回の詳細です!


「バレルハウス17周年記念ワイン呑み較べ③――南仏の柔らかな赤と白――10月13日(土)開栓!」

<白>
2007 Bandol 2007バンドール
 Château de Pibarnon シャトー・ド・ピバルノン
希望小売価格:4,935円――ネットで4,000円前後――
産地:フランス、プロヴァンス地方
ぶどう品種:クレーレットとブールブランを主にヴィオニエ、ルサンヌ種

地中海沿岸で多く見られるクレーレットとブールブラン種をメインに、ローヌ地方で主に栽培されているヴィオニエとルサンヌ種からつくられる白は、口当たりよく、南仏らしいおだやかな風味とまったりした味わいが愉しめる。


<赤>
2005 Bandol 2005バンドール
Château de Pibarnon シャトー・ド・ピバルノン
希望小売価格:5,250円――ネットで4,500円前後――
産地;フランス、プロヴァンス地方
ぶどう品種:ムールヴェドルを主にグルナッシュ種など

プロヴァンス地方で最もプレスティージュの高い産地がバンドール。深みある色合いと、たっぷりとした感がありながらも角のとれたタンニンからくる継ぎ目のない滑らかさのワインは、レスタンクに較べると確かにワンランク上の風味と味わい。



・追記・

「第二回ワイン呑み較べ」に来られなかった方に朗報!
昨夜の美味しいWINEはまだ数人前残っています。月曜日早めにご来店ください。
尚、ボトルが空き次第終了となります。

20121002

17周年記念ワイン呑み較べ②


回目の「ワイン呑み較べ」参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
次回は10月6日(土)に開催します。

ワインの在庫はそれぞれ1本のみですので、ワイン呑み較べ」の参加人数は先着6名様までとさせていただきます。お値段は前回同様、お一人様1700円です。


以下、次回の詳細です!


「バレルハウス17周年記念ワイン呑み較べ②――有名ドメーヌの赤、白対決――10月6日(土)開栓!」

<白>
2008 Zind 2008ツィント
 Domaine Zind-Humbrecht ドメーヌ・ツィント=フンブレヒト
希望小売価格:3,150円――ネットで2,800円前後――
産地:フランス、アルザス地方
ぶどう品種;シャルドネー3分の2、オーセロワ3分の1

フランス最北部のぶどう酒産地で生まれる、適度なヴォリューム感が心地よい、甘酸のバランスに優れた白。キレと余韻も見事に共存し、満足度は大きい。なお、ぶどうは完全無農薬のビオディナミで栽培されたものを使用。


<赤>
2010 Beaune-Greves 2010ボーヌ=グレーヴ
 Domaine Tollot-Beaut ドメーヌ・トロ=ボー
希望小売価格7,350――ネットで6,000円前後――
産地:フランス、ブルゴーニュ地方
ぶどう品種:ピノ・ノワール

ドメーヌではコルトンなどのグラン・クリュも産するが、このプルミエ・クリュのグレーヴは、勝るとも劣らないクオリティを誇る。まだまだ若いものの、ピノ・ノワールのうまみがしっかりと感じられ、ブルゴーニュという産地の魅力の一端に触れることができる。



<追記>
またWINEかよ・・・
という読者の声も聞こえてきそうですが、来週でこの「17周年記念ワイン呑み較べ」は完結しますのでどうかご勘弁を。


NTTの代理店にご用心

「NTTの代理店の○○○です。この度フレッツ光を長期に渡ってご使用のお客様へのサービスでお電話いたしました。この度店舗用wifiルーター又はセブンイレブンなどで使用できる商品券5000円分をサービスしておりましてこれは法人契約のお客様のみへのサービスとなっております。つきましては...